ツインソウルを繋ぐもの

 ツインソウルに出会ったお話は「心がぐっと近くなった #026」の後は過去ログに続いていきます。  リンクを付けて続けて読めるようにしてあります。  抜粋して載せていますので、お話が飛ぶと思いますが、「#101」で「ソウルメイト」という言葉を知る話が出てくると思います。出会いから2年後のことでした。それまでは、ソウルメイトもツインソウルも、全く知らない世界にいたわけですが、不思議な現象はたく…

続きを読む

片思い、一方通行は存在しない ツインソウル

 ツインソウルの「再会」について書いてきましたが、この「再会」という言い方は、もしかしたら、ツインソウルに出会ったことが無い方には誤解されやすいかもしれません。  何かの事情で会えなくなった二人が、数年後にもう一度出会う、これが「再会」ですが、どこかで偶然出会った、それだけでも再会と言えるからです。  私が取り上げている「ツインソウルの再会」は、もう忘れ去った相手と再び偶然出会った、という意…

続きを読む

ツインソウルの「再会」(2)

 「再会」というと、ドラマティックな出来事を想像してしまいますが、ツインソウル同士の場合は一度出会ったら、繋がりが切れることは無く、「再会」はそのことが現実の出来事として現れたということです。私の場合、かなり強固に拒絶されましたから、その経緯をご存じの方は、その後の展開に驚かれたのではないでしょうか。信じられなかったと思います。  硬く拒んでいるTに、私はツインソウルであることを伝えました…

続きを読む

ツインソウルの「再会」 

ツインソウルの「再会」は 男性側の心のブレーキが 解けたときです それまでは 何かの用で姿を見ることが あったとしても それは「再会」ではなく 今はそのときではないことを そのときの二人は知っています 「再会」のときは 二人にはわかるのです 「再会」は 「今なら会える」 そう思えたときに訪れます  私の友人たちが一番驚いたのが、この「再会」とい…

続きを読む

心がぐっと近くなった。 ツインソウル#026

 今回のお話は「#025 ツインか否か、別れ道」の続きです。 (#025,026と続けて読んでいただけば わかりやすいかと思います)  「ツインか否か、別れ道」というタイトルにしたのは、私の態度が、世間の常識で言えば、大人げないとしか言いようがなく、普通は嫌気がさして敬遠するところだからです。都合が悪いのだとわかれば、大人であれば、出直そうと思います。  それが、…

続きを読む

号泣~ツインソウルの不思議

   親友にこの話をしたとき、こう云われた。 「それであなたの心の面は大丈夫なの?  精神的にどうかなっちゃうんじゃないか、それが心配で」と。  ただ、電話で話していたので、私の声を聞いていたわけで、 言っている内容と聞こえてくる私の声とがイマイチ結びつかないらしく、 状況がよく呑み込めないようなのだ。 彼女はこうも云った。 「それにしてはあなたの声は明るくて元気いいよねえ。」と。…

続きを読む

ツインか否か、別れ道。 ツインソウル#025

 (前回のあらすじ)  お昼休みにTの課へ向かった。ドアの小窓から中を覗くと、Tは隣りの席のMと何やら話し込んでいた。私に気がつくと急に気が重そうな顔つきになった。今都合が悪いんだなとわかったが、私はドアを開けて傍まで行った。私と交代にMが席を外した。何か調べ物があるらしかった。MがいなくなるとTは私から目を逸らして黙り込んだ。口も利きたくなさそうで、嫌そうな顔をして、黙り込んだ。 「今、お…

続きを読む

魂の一体感。 ツインソウル#024 

 一晩泣きはらして腫れ上がった目を氷水で冷やして出勤した日から5日振り(*)に出勤した。   *私の仕事は、1か月に10日という出勤日数は変わらないが、   シフト制で、3か日間連続で出勤することもあれば、間が   5日空くこともある。       episode19    2004年7月14日 水曜日   5日ぶりだ。今日は会える。そう思ってルンルン気分で出勤し…

続きを読む

目が腫れ上がってしまった。ツインソウル#023

                 毎日その日の出来事を記録するようになって2週間が経ちました。  文章で書き残しておかないと後悔すると思い、出会いから4か月後の6月25日に、それまでの出来事を思い出し一気に記しました。全部覚えていました。        このころはまだレポート用紙に殴り書きしていました。      この年の暮れ(2004年12月)に市販の無地の本「白い本」へ書き写し…

続きを読む

ツインソウル 永遠の旅路の果てに

苦しいから、もう止めた、というわけにいかない。 手放すことは不可能だから。普通の恋愛ならどんなに楽か。 会えなければ自然に忘れていくのだから。放っておけば自然消滅するのだから。 悩む傍から忘れていく。どんな大恋愛も会えなくなればその情熱は三年と持たないだろう しかし、魂に刻まれたものは消せないのだ。 ツインソウルは ひとたび出会えば貫き通していくしか道はない。 理不尽な出会いであ…

続きを読む

テーマ別記事

QRコード