出逢いから16年。ツインソウル

 今月末で出会いから16年になります。 16年前の2004年2月20日に、Tのいる会社で働くことになったのですが、途中採用でしたから、何とも中途半端な日にちです。でも、この2月20日というのは私的にはとても縁深い日なのです。  昭和○○年2月20日に車の免許を取得しました。 平成2年2月20日は、美容の仕事の資格を取得した日。 平成16年2月20日は、Tと出逢うことになる会社で働き始めた日。 …

続きを読む

ツインソウル 既婚者同士の出会い(3) 

 ツインソウルには結婚後に出会った、Tという人に出会ったとき、Tも私もすでに別の人と結婚していたということについては、これまでにも過去記事に書きましたが(*)、そのタイトルを目にした方は、「それなら今も、大変な状況にいるのではないの?」「こんなブログを書いていて家庭は大丈夫なの?」「ご主人とは本当にうまくいっているのかしら」こんな風に思われるのではないでしょうか。  私と同じような倫理観を持っ…

続きを読む

Tがブログを読んでくれたこと。 

 これまでの中で一番大きな出来事は、Tがこのブログを読んでくれたことです。 私がブログを書いたのも、電子書籍で出したのも、もしかしたらTに読んでもらいたいと思っていたから、 それが目的だったのではないか、そう思えた程、これは大きな出来事でした。  私がツインソウルというものを知ったのは、Tに出会って2年が過ぎたころのことです。 解雇になって1年、Tに会えなくなっていたころのことです。普通の方法…

続きを読む

話しかける相手は。

12月初めに寄せ植えを買ったのですが、その中のパンジーには花が一つ(ブログ村へのリンクの写真の花)蕾が一つしか付いていなくてその蕾は育ちませんでした。一つだけ咲いていた花が終わり、その後は待てども待てども蕾が出てきません。もうダメかもしれないと思い、植え替え用に別の花を買ってきました↓ 品種も色も違うので、一応別の鉢に植えておきました。植え替えないで、もう少し待ってみることにしたのです…

続きを読む

出逢いのあらすじ(ブログに掲載されていない出来事について)

 「#001」から読んでくださっている皆さま、ありがとうございます。 途中から続けて読むことが出来ないという方があり、説明させていただくことにしました。 基本的にはタイトルの数字の小さいほうが古い出来事ということになります。  あらすじについては過去にも記事にしていますが、再び交流が始まるまでの出来事についてはブログには掲載していないものが多く、 トップページの上欄にある「夜半の白い光り、夢の…

続きを読む

一度離れ離れになるという説について。

 一度離れ離れになる、会えない期間というのがある、こんなふうな説があるようですが、私のように結婚後に出会うと、確かにそういう期間はありました。 でもツインソウルに出会った総ての人がそうであるかどうかは、私にはわかりません。 何故なら、私は独身同士で出会ったことが無いからです。拒否する理由によっては、独身同士であっても拒否が起こることはあるかもしれません。ツインソウルというのは、それまで経験した事…

続きを読む

ツインソウル 今でも起こる号泣。

 ツインソウルに出会ってすぐに起こった号泣(大声で泣き喚くこと)については、これまでにも幾つか記事に取り上げています。興味がおありの方はそちら(※)も参考にしていただければと思います。   ※2013年12月記事 出逢いの衝撃「号泣」  ※2014年11月記事 出会いの衝撃「号泣」(2)006  ※2018年08月記事 出会いの衝撃 #007  この号泣は出会ってすぐに起こりました。その当時…

続きを読む

音信不通にならないツインソウル (2)

 ツインソウル同士が出会った後の、会えない期間や再会について、これまでにも何度か記事に書いてきましたが、誤解のないように、もう一度触れておくことにしました。 少なくとも私のように結婚後に出会いますと、会えなくなったり距離を置かれたりすることは普通の恋愛でもあり得ることだからです。 どちらかがノーと言う、距離を置く、その結果会えなくなる。 こういうことは一般の恋愛でも起こります。  ツインソウル…

続きを読む

ツインソウル、出逢った瞬間にヒントがある。  

 ツインソウルに出会うときというのは、高次元の波動を感じ取りやすくなっているときです。まるでツインソウルの専門家みたいな言い方をしましたが、私は専門家でも研究者でもありません。体験者です。体験者であるということは、ツインソウルについて語られるあれこれを実際に経験しているということです。私に限らずツインソウルに出会った人たちは皆、体験してきているということです。  私の場合は、出会いのキッカ…

続きを読む

出会っただけでも幸運?

総ては夢の如く何ごともなかったかのように新地と化し それでいいのではないかこれ以上何を望むことがあろう アタマの中を空っぽにする誘惑に身をゆだね未来の時間を削っていくやっとの思いで絞り出す一握りの真実も霞の如く朝陽に散りぬ 総ては夢の如くこれでいいのかもしれないそれ以上何を望むことがあろう それでも何故だ言いくるめても言い聞かせても逃げられない一握りの疑問が私を呼ぶ「新地へ踏み出せと」 …

続きを読む

理解出来ない不思議な関係、ツインソウル

「どうして話をしたいと思うの?」 親友の一人が訊いてきました。 一年ぶりに会った、そのときにほんの少ししか話せなかったとしたら、もっと話がしたかったと思うのは当然だと思うのですが、親友には、イマイチ理解出来ないのです。お互いに恋愛感情があるなら、年に一度しか会えない状態ではいられないですものね。 毎年開催される記念イベントに、Tへの花束を持って行くようになったのは、今年で7回目。小さな花束に始ま…

続きを読む

音信不通にならないツインソウル

 どちらかが突然拒絶するということは、普通の恋愛でも起こります。結婚後に出会ってしまったという場合です。待ったをかけるのがどちらの方かわかりませんが。ツインソウルと一般の恋愛とでは、その後の展開に大きな違いが出ます。  片方が拒否したために会えなくなるというのは、「分離期間」とか「サイレント」とかいろいろな言い方がされているようですが、ツインソウルの場合は、魂レベルでは離れていません。現実には…

続きを読む

心が通い合う  ツインソウル#031

 ツインソウルに出会ったお話を掲載していますが、15年経った今もその真っ只中にいるようで、昨日の出来事を書いている気がします。 さて、今回はTが細やかな心配りをしてくれたお話です。前回から5日後の出勤日の出来事です。 以前、都合が悪いのに、それをうまく私に伝えることが出来なかったために、私が一晩泣いた、という出来事がありました。(「目が腫れ上がってしまった。#023」)「都合が悪いときは、そうだ…

続きを読む

言葉少なくして通じ合う ツインソウル#030

episode23  二日後の出勤日。(前回からの続きで、2004年9月3日)少しの空き時間を利用してTの課へ向かった。ドアの小窓から中を窺うと、Tは数人で打ち合わせ中、廊下で待った。Tが自分のデスクへ戻り始めたとき、中へ入った。私に気づいてTが軽く会釈し、私は問題集を渡した。「私、ノートを使わないので。問題集に直接、鉛筆で走り書きのように書いてあるから」 質問したい箇所を見せた。「話は違…

続きを読む

ツインソウルの絆 #029

 今回は「ツインソウルの奇跡が始まる #028(2011年5月記事)」の続きになります。「#028,029」と続けて読んでいただければ、よりわかりやすいかと思います。 Tという人に出会って半年が過ぎたころのお話です。Tと私は職業は違いますが、同じ会社に属し、同じ建物の中で働いています。    episode 22  2004年9月。ガラス張りの向こうに一か月ぶりにTの姿を見た。叫んだ…

続きを読む

モレスキンのノート

 ブログを始めて8年半になりますが、今回は始めたばかりの頃に書いた記事の続きです。 このブログを始めたのは2011年3月ですが、そのころに「文豪になれるか」という記事を書きました。   私は子供のころから文房具が大好きで、新製品が出るとすぐに買ってきて使っていました。高校時代には同級生の男の子たちが、○○さんが使っているものを見ると、今流行っているものや新製品がすぐにわかるね、と言っていた…

続きを読む

ツインソウルを繋ぐもの

 ツインソウルに出会ったお話は「心がぐっと近くなった #026」の後は過去ログに続いていきます。  リンクを付けて続けて読めるようにしてあります。  抜粋して載せていますので、お話が飛ぶと思いますが、「#101」で「ソウルメイト」という言葉を知る話が出てくると思います。出会いから2年後のことでした。それまでは、ソウルメイトもツインソウルも、全く知らない世界にいたわけですが、不思議な現象はたく…

続きを読む

片思い、一方通行は存在しない ツインソウル

ツインソウルの「再会」について書いてきましたが、この「再会」という言い方は、もしかしたら、ツインソウルに出会ったことが無い方には誤解されやすいかもしれません。  何かの事情で会えなくなった二人が、数年後にもう一度出会う、これが「再会」ですが、どこかで偶然出会った、それだけでも再会と言えるからです。  私が取り上げている「ツインソウルの再会」は、もう忘れ去った相手と再び偶然出会った、という…

続きを読む

ツインソウルの「再会」(2)

 「再会」というと、ドラマティックな出来事を想像してしまいますが、ツインソウル同士の場合は一度出会ったら、繋がりが切れることは無く、「再会」はそのことが現実の出来事として現れたということです。私の場合、かなり強固に拒絶されましたから、その経緯をご存じの方は、その後の展開に驚かれたのではないでしょうか。信じられなかったと思います。  ここで言う「再会」とは、何かの事情で片方が拒絶し会えなくなった…

続きを読む

ツインソウルの「再会」 

ツインソウルの「再会」は男性側の心のブレーキが解けたときです   もっと平たく言えば  ツインソウルはどんな状況下にあっても  繋がりが切れることがなく  その結果「再会」というような  出来事が起こるのです それまでは何かの用で姿を見ることがあったとしてもそれは「再会」ではなく今はそのときではないことをそのときの二人は知っています 「再会」のときは二人にはわかるのです「再会」は「今なら会…

続きを読む

テーマ別記事

最近のコメント

ランキングに参加しています。 クリックで応援お願いいたします。

QRコード